おもいで

お礼は辛うじて言えたけど「終わったーじゃーねー」と爽やかに去って行ってしまったので、どれだけ有り難かったか感謝の気持ちは十分には伝えられなかった。

投稿日:

466 :名無しさん@おーぷん 平成31年 04/17(水)02:31:31 qCY.kv.mx
もしかしたら気がついてくれたら良いなと投稿。
当方はもう40過ぎの女。出身は千葉。
20年以上前の高3のある日、受験の為に通っていた予備校の現役部に行くべく、高校&自宅最寄りの駅の駐輪場にて自転車を止めようとしていた。
小雨が降る寒い夕方、アホな私は高架橋下の駐輪場で自転車を将棋倒しにしてしまった。
電車の時間が迫る、遅刻は確実。冷たい小雨が高架橋の下まで吹き込む、軽く見ても10台を超える絡まった自転車で、泣きそうになりながら絡まる自転車を1台1台立て直して行った。
そこに女性が現れて「あなた、その制服○○高でしょ?私、卒業生よ。」と一緒に自転車を直してくれた。
お礼は辛うじて言えたけど「終わったーじゃーねー」と爽やかに去って行ってしまったので、どれだけ有り難かったか感謝の気持ちは十分には伝えられなかった。
卒業した高校は現在は他の高校と統合されて別の名前になってしまっているけど、ネットの波の中に感謝の気持ちを書き残したい。
今でも覚えています。市○大野駅での事です。あの日から私も貴女の様であろうと思ってきました。今でもそれは変わりません。
ありがとうございました。

-おもいで

Copyright© 笑顔のランドセル , 2020 All Rights Reserved.