おもいで

こいつはそれを取り上げてコカ・コーラ飲んだりボウリングするんやと思ったら悲しくなった。(ゲームセンターはその頃まだなかった)

投稿日:

403 :名無しさん@おーぷん 2018/07/31(火)20:03:49 54T
もう四十年以上も昔、俺が高校に入学したばかりのころ。
近所の本屋に行ったら、中学の時の同級生がいた。
そんなに親しくはなかったし、ちょっと怖いやつだったので軽く会釈だけして俺は参考書のコーナーにいった。
そいつはやたら周りを見回していた。放課後のことで女子中学生が何人か漫画売り場にたむろっていたが、なんかそっちの方を気にしてるようだった。
俺は参考書売り場で古語辞典をしばらく見比べていた。
すると、その怖い元同級生が音もなく背後から忍び寄ってきて「おい」と低く声をかけてきた。
俺はビビったね。これが「カツアゲ」というやつか。悪いことに辞書の代金2000円を持っている。
こいつはそれを取り上げてコカ・コーラ飲んだりボウリングするんやと思ったら悲しくなった。(ゲームセンターはその頃まだなかった)
「なあ、漫画買うてくれや」とそいつは小声で言う。
「いや、でも僕お金ないし」
「金はあるねん。ただ、ちょっとな恥ずかしいねん」
俺はさぞかし訝し気な表情をしたんだろう。そいつは慌てて言葉を足した。
「母ちゃんがな、『ベルサイユのばら』買うて来い、ゆうねん。
『いっつもいっつも迷惑かけて! かあちゃん、なんべん恥ずかしい思いしたか!』ゆうてな、
『一つぐらい役に立て』いわれて金渡されてん。そやけど、恥ずかしいてな、あっち見てみい」
と女子中生の方を顎で指した。
「あんなとこ、入って行かれへんやん?」
俺はほっとして金を預かり、「ちょっとごめん」と女子中学生の間に割って入って、「ベルサイユのばら」全巻を代理購入してやった。
中学生が背後で「ひゃひゃひゃ、少女漫画買うたはる」と笑っていたが、俺は女子に笑われるのは慣れていたので平気だった。
そいつは、本屋の表で俺を待っていた。漫画とお釣りを渡すと、「お前ガッツあるなあ」と笑って100円駄賃をくれた。

昭和とは、こんな時代でございました。

404 :名無しさん@おーぷん 2018/07/31(火)20:10:59 Qwj
>>403
その同級生くんしみじみかわいいなあwww
と思ったが待てよ現状いいだけおっさんなわけか!と我にかえった

でもやっぱりちょっとかわいいw

-おもいで

Copyright© 笑顔のランドセル , 2018 All Rights Reserved.